2019年09月09日

小1、生き物を飼うということを考える

息子の夏休みが終わってから1週間以上が過ぎて、ようやくいつものペースを取り戻した我が家です。

近ごろ息子はしきりに「文鳥が飼いたい、文鳥が欲しい。」と訴えてくるようになりました。
どうやら仲良しのお友達の家で可愛い文鳥に魅了されたようですハートたち(複数ハート)

先週の休診日、小学校で行われた夏休みの作品展を家族で見に行った帰り道。

先生:「よしexclamation文鳥の自由研究をしてみ。そのレポートの内容で鳥を飼うか決めようexclamation×2

息子:「ほんまにexclamation&questionよしゃ、頑張るで〜exclamation×2

私:「ほな、ママも応援するexclamation×2図書館に鳥の図鑑を借りに行こうexclamation×2

…ということになり、ここ数日息子は頑張ってますぴかぴか(新しい)いえ、私が頑張ってますパンチ

夏休みの自由研究だって、1年生はやってもやらなくても良かったんです。
それでも頑張って仕上げた息子のショウリョウバッタの自由研究は、3枚あせあせ(飛び散る汗)
この3枚だって、私が彼のモチベーションを保ちながら必死で頑張ったんですふらふら

で、現在のレポートは、彼が感じる文鳥の魅力、寿命、飼育の注意点、食べて良い物とダメな食べ物、飼育に必要な物など、用紙4枚〜5枚分にまとめました。
なかなかでするんるんよく頑張ってます、息子とそして私手(チョキ)

本人もすごく満足そうに、「文鳥がうちに来てからも、困った時はこれを見ながらお世話したらいいもんなわーい(嬉しい顔)」と何度も見返してます。

「じゃ、一度パパに見てもらって、足りないところとか、もっとこうした方がいいよっていうアドバイスをもらおうか!」とその日の夜、見せたところ…

レポートに目を通した先生は「ヒエ、アワ、ムギってなに?どんなん?これどこで手に入れるん?」…って。

先生、それ厳しくないかい?がく〜(落胆した顔)一年生でっせ。
「このドッグフードって何が入ってるん?」って言うてるのと近いくらい高度な質問ちゃいます?
そこまで掘り下げますか。

息子はその晩、すっかり凹んで、寝る準備もグズグズ…バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)

どうなるかと心配していましたが…次の日、
友達の遊びの誘いを断って「今日こそレポート仕上げるで〜exclamation×2」と意気込んで下校しました。

「ママ、鳥の餌はどこに売ってる?…あ。ペットショップかひらめき」と前日パパに言われたポイントを押さえながら、また頑張ってますグッド(上向き矢印)

まだ、レポートは仕上がってはいませんあせあせ(飛び散る汗)今日も頑張ってもらいましょうぴかぴか(新しい)

生き物を飼うということは、その命の一生分を預かるということ。
飼い主としての責任をどこまで考えることができるかな。


あ、うちの先生は鳥は専門外ですあせあせ(飛び散る汗)
うちが文鳥を迎えた時には他の動物病院にお世話になりますわーい(嬉しい顔)

写真は、夏休み中の息子と休憩時間に玩具を組み立てる姿です。レポートもこうやって一緒にやってくれたら、私すごく助かるのになぁ〜ダッシュ(走り出すさま)

IMG_7366.jpg
posted by koyaguchi-ah at 18:46| Comment(0) | 日記