2020年02月14日

ドキドキのバレンタイン

IMG_0130 (1).jpg


昨年のバレンタインは手作りのチョコを院長にあげましたが、
時間が経ってもなかなか食べないので、こっそりとひと口ずつ食べていたら、
気づいた時には全てを自分1人でたいらげていた…という、なんとも情けない結果になってしまいましたふらふらあせあせ(飛び散る汗)

なので、今年はバレンタインのチョコは渡さないと決めていたのですが、
猫の可愛いパッケージに心奪われ、わりと早い時期からチョコを購入していました。

そして今日まで何度も可愛いパッケージを眺めては
「絶対この猫に癒されるやろうなぁ、早く渡したいなぁ。」とそわそわしていたのですが、
ある時気づいたんです。

猫の舌が金色になってる…

なんでやろ?どういうこと??

ネットで調べたら…このチョコレート「猫の舌」という別名が。

猫の舌exclamation&question

アイスクリームを買った時にもらう木のスプーンみたいな形のチョコレートやった。
 
その時には何とも思わず、パッケージの魅力と有名な洋菓子ブランドということもあって、美味しいに違いないと即購入したわけですが。

やばいよ、猫の舌あせあせ(飛び散る汗)

普段の猫の口から覗く可愛いピンク色の舌の形じゃないんです。

ええ、これはまさにあの時の舌の形ひらめき

手術の際にはどの子も麻酔をします。
その麻酔は気管にチューブを通して送り込むのですが、気道を確保する時に舌をグッと引っ張るんです。

まさにそれexclamation×2

グーっと引っ張られて長く伸びた舌の形exclamation×2アイスクリームの木のスプーンの形なんです猫このチョコレートと同じ形exclamation×2

ああ、このチョコは夫にとって癒しになるどころか手術前の緊張感を思い出してしまうじゃないかたらーっ(汗)

これは渡さずに自分で食べた方がいいんじゃないのか?…と一瞬考えましたが、
「猫の舌」という名前があることを伝えずに渡しました。

果たして気がつくだろうか。ドキドキのバレンタイン。

ずっと待ってるけど、まだ食べません。
早く食べなきゃ食べちゃうぞ…と思っている私。
あぁ、昨年の二の舞になりませんようにふらふら
posted by koyaguchi-ah at 23:58| 日記