2020年05月28日

初めての受診で驚いたこと

IMG_1370.JPG

柴犬のリキくん、生後50日くらいぴかぴか(新しい)
友人が子犬を家族に迎え入れましたわーい(嬉しい顔)
先日、初めて来院し、診察の帰りに自宅へ寄ってくれたのです。


見ての通り、可愛いすぎますぴかぴか(新しい)
バスケットにおさまってウトウトする姿は、ほぼ動きはないはずなのに、もうずーっと見ていたい黒ハート

慣れない場所で子ども達に入れ替わり立ち替わり抱っこされ、うちに来る前には受診していたので、さぞお疲れだったことでしょう。
この日のリキくんは、なされるがままのぬいぐるみ状態でした…
診察中はオヤツをもらった一瞬だけシャキーンぴかぴか(新しい)となったそうですがわーい(嬉しい顔)


飼い主である友人の動物病院の初受診の感想は…
「これから気になりそうな事も色々と教えてもらって安心したわ〜」と、満足していただけたようでするんるん

そして、いつもおっとりとした友人が、少々興奮した様子で驚いていたことが2つひらめき

診察は立ったままexclamation×2

子犬も乳歯から大人の歯に抜け変わるexclamationしかも割と早いうちにexclamation×2
(個体差はありますが、4ヶ月〜6ヶ月くらい。子猫もだいたい同じくらいです。)

確かに。人の病院では医師も患者も椅子に座ってますし、
歯だって、人と同じように乳歯と永久歯があるなんて考えることないですよね?あります?
子犬を飼ってみて初めて知る人が多いのかもしれません。

私たちは当たり前になってましたが、彼女の感想にとても新鮮な気持ちになりましたぴかぴか(新しい)

「乳歯やらご飯やらしつけやら…なんか子ども達が小さい頃を思い出したわ。」と微笑む友人は幸せそうでした。

リキ君を迎え入れてから、家族全員の意識が同じ方向を向いていて、団結感が増しているそうですよ。
人間の子どもが1人増えるのと同じくらいお世話も大変だと思いますが、笑顔も幸せもさらに増えますねハートたち(複数ハート)


昨日は我が家の愛犬ビリーの命日でした。
楽しかった思い出や最期の時を思い出しながら、
「ビリーとの時間はかけがえのない良い時間だったな。」と改めて思いました。

犬が居る生活。犬
猫が居る生活。猫

あぁ、キラキラしてますぴかぴか(新しい)わーい(嬉しい顔)

私たち人間よりずっと短い寿命ですから、いつか来るお別れの日まで飼い主さんの責任は続きます。

一日一日を慈しみ、心を通わせあえる喜びを、生命の温もりを感じる幸せな日々が、
長く長く続きますように。
posted by koyaguchi-ah at 00:00| 日記