2020年05月28日

初めての受診で驚いたこと

IMG_1370.JPG

柴犬のリキくん、生後50日くらいぴかぴか(新しい)
友人が子犬を家族に迎え入れましたわーい(嬉しい顔)
先日、初めて来院し、診察の帰りに自宅へ寄ってくれたのです。


見ての通り、可愛いすぎますぴかぴか(新しい)
バスケットにおさまってウトウトする姿は、ほぼ動きはないはずなのに、もうずーっと見ていたい黒ハート

慣れない場所で子ども達に入れ替わり立ち替わり抱っこされ、うちに来る前には受診していたので、さぞお疲れだったことでしょう。
この日のリキくんは、なされるがままのぬいぐるみ状態でした…
診察中はオヤツをもらった一瞬だけシャキーンぴかぴか(新しい)となったそうですがわーい(嬉しい顔)


飼い主である友人の動物病院の初受診の感想は…
「これから気になりそうな事も色々と教えてもらって安心したわ〜」と、満足していただけたようでするんるん

そして、いつもおっとりとした友人が、少々興奮した様子で驚いていたことが2つひらめき

診察は立ったままexclamation×2

子犬も乳歯から大人の歯に抜け変わるexclamationしかも割と早いうちにexclamation×2
(個体差はありますが、4ヶ月〜6ヶ月くらい。子猫もだいたい同じくらいです。)

確かに。人の病院では医師も患者も椅子に座ってますし、
歯だって、人と同じように乳歯と永久歯があるなんて考えることないですよね?あります?
子犬を飼ってみて初めて知る人が多いのかもしれません。

私たちは当たり前になってましたが、彼女の感想にとても新鮮な気持ちになりましたぴかぴか(新しい)

「乳歯やらご飯やらしつけやら…なんか子ども達が小さい頃を思い出したわ。」と微笑む友人は幸せそうでした。

リキ君を迎え入れてから、家族全員の意識が同じ方向を向いていて、団結感が増しているそうですよ。
人間の子どもが1人増えるのと同じくらいお世話も大変だと思いますが、笑顔も幸せもさらに増えますねハートたち(複数ハート)


昨日は我が家の愛犬ビリーの命日でした。
楽しかった思い出や最期の時を思い出しながら、
「ビリーとの時間はかけがえのない良い時間だったな。」と改めて思いました。

犬が居る生活。犬
猫が居る生活。猫

あぁ、キラキラしてますぴかぴか(新しい)わーい(嬉しい顔)

私たち人間よりずっと短い寿命ですから、いつか来るお別れの日まで飼い主さんの責任は続きます。

一日一日を慈しみ、心を通わせあえる喜びを、生命の温もりを感じる幸せな日々が、
長く長く続きますように。
posted by koyaguchi-ah at 00:00| 日記

2020年04月13日

ロン、去勢手術を受けました

ラブラドール・レトリバーのロンちゃんです犬
先日、去勢手術を受けましたぴかぴか(新しい)

IMG_0805.JPG

うちのスタッフ宮本の愛犬ロンは、まだ1歳に満たないやんちゃざかり。
とにかく可愛いんですハートたち(複数ハート)
もっと小さな子犬の頃は一緒に出勤することもありましたが、この通り身体が大きく成長してからはなかなか会えず…なので私はこの日会えるのを楽しみに待ってました。
スタッフの子は親戚の子みたいな気持ちなんですわーい(嬉しい顔)

うちのエースであるベテランスタッフ中岡の手術補助デビューは、彼女の愛犬レオの去勢手術でしたぴかぴか(新しい)
だいぶ経ってから「あの時はけっこうショックでした。」という感想を聞きました。
「あぁ、配慮が足りなかったなぁ〜たらーっ(汗)」と反省したのを覚えています。

自分の家族が麻酔で眠っている姿を見るのは、いくらだ大丈夫だとわかっていてもやっぱり衝撃的だったと思います。
自らの意思ではなく、麻酔で眠らされている顔はけっこうドキッとする表情なんですよね…ふらふら


今回、宮本は補助には入らず、手術室で見守っていたそうです。
彼女の感想は…
「眠ってるロンを励まし続けて、私って過保護かもしれません。
わかっていても不安でしたから、預ける飼い主さんはもっと不安な気持ちだろうと思います。
次からの患者さんを預かる際の言葉がけをもっと考えてみます。」と、前向き発言exclamation×2
頼もしいかぎりですわーい(嬉しい顔)

ワンちゃんもネコちゃんも、避妊・去勢手術は基本的に日帰りでできます。犬
手術は事前予約が必要で、麻酔をかけても問題ないかの術前検査も行いますので、前もってご相談下さいかわいい

IMG_0807.jpg
手術が終わって、夕方のお迎えの時間までゆっくり犬舎で体を休めているロンちゃんです。


IMG_0810.jpg
無事に手術を終え、夕方元気に帰宅しましたるんるん
私が次に会えるのは経過を診せに来てくれる時ですわーい(嬉しい顔)
posted by koyaguchi-ah at 12:11| 日記

2020年03月31日

結婚記念日??ではない。


IMG_0643.JPG

花の季節になりました。

いつもならもっとワクワクする時期なのに、どこか靄のかかったよう心持ちのまま春本番を迎えてしまった感じがします。

庚申山の桜祭りも今年は中止だそうですね。

そんな今までにない春、いつもの道に咲く小さな花に癒されることが多いです。
それはうちの子ども達も同じようで、やたらと花を摘んで帰ろうとします。
悩みどころは、ワンちゃんのオシッコポイントだろうと思われる場所に咲く花・・・
これ、どうしましょうか。
衛生的にはよろしくないが、子どもの「美しいから部屋に飾って楽しみたい。」を邪魔してよいものか。
そもそも本当に衛生的によろしくないかは定かでない。。。
う〜ん、難しいですふらふら


話は変わり、先週は高野口動物病院の開院記念日でしたかわいい

だからといって何が変わるでもなく、その日もいつも通りの診察をさせていただきました。

ですがexclamationこのいつも通りの診察を行えることに感謝です。

開院した日は夫の夢が叶った日ぴかぴか(新しい)初心に返る日ひらめき

数ある動物病院の中からうちを選んで来てくださる患者様、
うちの業務に必要なものを取引きしてくださる取引先様、
私たち夫婦と同じ志しで勤務してくれるスタッフ、
いつも応援してくれる両親や子どもたち、
そして、毎日物静かだけど元気に働く先生に、感謝しますハートたち(複数ハート)


この日「今日は病院の誕生日やからご馳走にしよ〜exclamation×2」と子ども達に伝えると、
5歳の娘は少しだけ覚えたひらがなとお得意の絵で、いそいそと先生にお手紙を書いてました。

そして夜、帰宅した先生に駆け寄った娘が放った言葉・・・

パパ、結婚記念日おめでと〜わーい(嬉しい顔)

え???

家族みんな目がテンになりましたあせあせ(飛び散る汗)

いったいどこで結婚記念日という言葉を覚えたのか謎です。
posted by koyaguchi-ah at 01:13| 日記